"カンダニエルブームには理由がある"分野の専門家が本&x27;ニェルシンドローム&x27;

イメージ大きく見ること

スポーツソウル李ジソク記者前所属会社の関係者、整形外科医、スタイリスト、振付師、歌謡関係者に聞いた。2017年歌謡界を熱くしたホットアイコンカンダニエルについて。各分野の専門家らは異口同音ニェル(カンダニエルの愛称)シンドロームには明確な理由があるとした。

アイドルグループウォノウォンのセンターカンダニエルほど2018年ムスルニョン黄金犬年してきて、一緒に祝っているスターがまたあろうか。彼は犬の帯ではないが、通常の犬年スターよりモンムンミ(子犬をかわいく呼ぶ言葉であるモンムンがと米を合成した新造語)を自慢する。子犬に似た印象と可愛い微笑、これと対比される180センチを超す高い身長に幅広い肩を誇る。彼にふさわしい舞台の上華やかなパフォーマンスまで。今カンダニエルは歌謡界だけでなく、様な分野で注目する人物だ。

カンダニエルはこの4月から二月放送されたエムネットプロデュース101シーズン2最終投票で1位を占め、グループウォノウォンのセンターの跡地をつけた。8月にデビューしたウォノウォンが怪物新人に浮上し、カンダニエルもシンドローム級の人気を集め続けた。11人のメンバーの中で圧倒的に多くの人気をもとに個人広告撮影が殺到しているだけでなく、芸能番組でも渉外候補1位を走っている。講壇現象、カンダニエルシンドロームという単語まで作られたほどだ。

昨年12月、彼の誕生日にはカンダニエルファンがニューヨークタイムズスクエアの電光掲示板に誕生日の広告をして大きな話題を集めた。駐韓米国大使館が異例的に公式ツイッターを通じて歴代級お誕生日おめでとうねます。カンダニエルのファンたちが近づいている彼の誕生日を祝うためにニューヨークタイムズスクエアの屋外広告板に紹介の広告を入れましたとして紹介し、当該広告映像を掲載したりもした。

各分野の専門家たちの視点でカンダニエルシンドロームの要諦、彼の魅力、今後彼の課題などを分析してみた。

イメージ大きく見ること

前所属会社の関係者らと今も文字メッセージ交換して

-デビュー前所属会社の関係者が本カンダニエルの性格と人柄

6人組のボーイズグループを準備していた2014年頃カンダニエルを初めて見た。彼を見るやいなや、チームのセンターになるだろうと直感した。笑う顔がとても魅力的だった。当時、人気アイドルの外見とは多少異なっていたが、とても善良に見える犬商人が印象的だった。にやりと笑う時は男が見ても綺麗だった。ダンスを踊る時、身体ラインがきれいなのでよく磨けば、いいやたいた。タイトル曲録音までに完了したが、会社の状況が難しくなり、デビューが遅れ、紆余曲折の末にプロデュース101シーズン2に出かけることになった。

カンダニエルが練習生としている時に企画会社事務所の女性社員たちが彼をとてもかわいがった。カンダニエルが事務室に来てにやりと笑って行くと一日中気分が良いと言うことほどだった。釜山出身なので無愛想だろうと思ったが、気さくて、性格がとても良かった。自分より45年先に来て練習していた仲間たちと最初から気兼ねなく元気に過ごしているのを見てちょっと驚いた。誰ともよく似合うのを見て人物がいいということを感じた。今もカンダニエルは前所属事務所の職員たちに地道に安否メールメッセージを送っている。前の所属事務所マネージャーと現場で出会ったら数時間後、私を見に来ていただきとても感謝しますは内容の文字メッセージを送ったよ。

純粋な顔とは正反対の硬い体から男前フォース発散

-整形外科医師が本カンダニエルの顔(ナムグンソルミンファティマの議員長、美学のコラムニスト)

カンダニエルの目は、二重まぶたがほとんどないくらいだ。大きな目ではないが、横に長く、はきはきした印象を与える。笑う時の目は、立場は一方、口元は登るのが純粋な子供のような感じを与えるために少女ファンだけでなく、3050代女性にも母性本能を刺激し、アピールできるのだ。

カンダニエルの最も大きな魅力は純粋な顔とは正反対の広い肩と堅い体から出る男前フォースだ。映画も反転があってこそ、面白みがあるのと同じだ。子供のような笑みを浮かべた顔と対比される、体で漂う男の香り。その要素が彼に反転魅力を吹き込む。カンダニエルが今年の男性に選ばれることになった最も大きな原動力でもある。真っ白な画用紙のように様な絵を描いていく無限魅力を持ったため、2018年がさらに期待される。

俗に言うオッテ備えて、どんな服を着ても格好よくて自然に

-スタイリストが本カンダニエルの魅力(ハンヒェヨンスタイルリスト)

今最も熱く、様な問題を引き出すことができるモデルだ。大衆は彼のファッションだけでなく、頭から足先まで、そしてライフスタイルまで聞きたがっている。カンダニエルが髪の色を変えるだけでもその色が取りざたされるほどだ。

スタイリストの立場で見た時カンダニエルは、よく言われるオッテがいい。運動を通じて人為的に作った体がない。踊りを長くしたためか、コアの筋肉が適当に発達したようだ。ダンスパフォーマンスが持ち味の歌手の中には腎臓が小さかったり、身体の比率が良くない場合も多いが、カンダニエルは背も高く割合もいい。

事実二十代前半の年代の歌手の中にはスーツを着せておけばそれとなくそぐわない場合が多い。必ずベストを着用しなければならない人もいて、シャツを必ず格式に合わせて着なければならない人もいる。ところでカンダニエルはどんな服をどのように着ても自然に見える。どんな服も自分だけのスタイルでルックを作り出している。とても格式を取り揃えた服も、定型化されていないスタイルもよく似合う。ファッション感覚も大丈夫だ。特に中低価から高価のブランドまで、どのようなカジュアル衣類を着ても全部似合うようなモデルだ。カジュアルブランドの関係者なら誰でも、カンダニエルを自社モデルにしたくないだろうか。

イメージ大きく見ること

身体条件-パフォーマンス表現力、卓越、バックアップダンサーの経験が大きなメリット

-パフォーマンスの専門家が本カンダニエルの舞台パフォーマンス(ホンヨンジュ国際大学エントテインモントゥグヮ教授兼振付師)

まず、ダンスを消化するための身体条件がとても立派だ。朴ジンヨン、雨がそうであるように背が高いと動作を表現する時、どうもさっぱりして見られる。カンダニエルもそのような表現に適した身体条件を持っている。

体の弾力、技術的な表現力も良いだろうが、顔がベイビペースなく多様な歌詞内容を表現できるというのがすごく大きな長所だ。パフォーマンスはダンスだけが重要なのではなく、顔表情が50は占めている。表情も振り付けの一つであるのだ。ところでカンダニエルの顔は柔らかさと強さ、セクシーさをすべて表現することが可能である。

パフォーマンス的な側面でカンダニエルは、さまざまなスタイルを消化していた。バックアップダンサー生活をしたためだろう。バックアップダンサーを経験すれば、アイドル研究生生活を経た彼よりも多様なスタイルのダンスを身につけることができ、ダンスの表現力も豊かにものだ。カンダニエルが他の同年代のアイドルに比べてデリケートな部分から強い部分までよく消化できる理由だ。

現男のアイドルのなか、今後のソロ歌手の競争力トップクラス

-歌謡界関係者が本カンダニエルの今後の課題(匿名の歌謡関係者)

ダンスパフォーマンスを強調する歌手はファンダムが重要である。カンダニエルは2030代の女性ファンの絶対的な支持を受けて、強力なファン層を背負っており、2018年末ウォノウォンの活動が終了した直後、ソロ歌手として乗り出した時、成功の可能性はウォノウォンメンバー中最も大きい。いや現在、歌謡界のアイドルグループのメンバーを合わせてソロ歌手として競争力は断然トップクラスの水準だ。

彼の様な能力と長所はすでにプデュ101シーズン2とウォノウォン活動を通じて立証された。世代を統合する忠誠度の高いファン層、ジャンルを出入りする舞台表現力、圧倒的なパフォーマンスの具現の範囲が彼の強みだ。ラップやボーカルすべて可能だという点も利点だ。もちろん、ソロ歌手として乗り出すには、今よりラップ、ボーカル能力を補強しなければならないのだ。音楽的側面で自信をどのように立証するかについて、今から考える必要がある。今後、どのようなコンセプトで勝負するのかも重要だ。