キーくんの手を握って肩を貸して、こんな

キーくんの手を握って肩を貸して、こんな形で久しぶりにジンギの姿を見るなんて思わなかった。遺影のジョンがいつもの笑顔で安心した