の心のポケット〜北陸の自然〜

北陸へ来て、17日が経過した。

体調を崩したこともあって、たくさんの仕事が出来ていない。

まだまだやり残した仕事がたくさんあって、関東へ帰る予定は、8月の

中旬以降となりそうである。

また、私のフィールドワークとしての自然の調査も進んでいない。

今は目に見えたり鳴き声が聞こえたりする野鳥の類も少ない。植物や昆

虫の類を中心に進めていく予定である。

さて、ネットが使えるようになり、以前の仲間の人たちと交信が出来る

ようになったことが一番に嬉しい。孤独の私の仲間は、ブログのまだ見

ぬ友である。姿や声を聞かなくても、その人となりがわかる気がする。

それは文章そのものからである。その人の写真が掲載されていれば姿

はわかる

文章を見れば、どこかにその人となりが現れるものである。

素人の私が読んでもわかるのである。

素直な文章、そして、誰が読んでもわかりやすい文章は、読み手を自然

と引き込み最後まで読むことになるのである。

私の文章など、そんなことなどきっと微塵も感じられない文章であろう。

今朝は、台風が去った後で清清しい朝を迎えている。

東の空が明るくなってきた。

雨飾山も、雲の隙間から全貌を現そうとしている。