GACKTも!NHK「みんなのうた」に登場していた驚きの芸能人ランキング

『ミスター シンセサイザー』の曲は知っていたが、タモリだったとは・・・

リアルタイムで見てた世代。

------------------------------------------------------------------

誰もが一度は見たことがあると言っても過言ではないNHKの『みんなのうた』。昔から愛されている名曲に加え、毎年新しい曲も放送され、多くの子どもを楽しませています。そんな『みんなのうた』には、芸能人が登場することも少なくありません。そこで今回は、『みんなのうた』に登場したことがあると聞いて驚いた芸能人について探ってみました。

1位 タモリ

2位 GACKT

3位 嵐

⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「タモリ」!

1980年10月〜11月にかけて放送された『ミスター シンセサイザー』。地球にやってきた宇宙人がテーマのようで、シンセサイザーの音色をきかせた軽快なサウンドが魅力的な楽曲です。作曲家の田中正史が作詞作曲、歌はなんとタモリが担当しています。映像内にタモリ自身が登場するわけではありませんが、ユーモアたっぷりで歌い上げている声は紛れもなくタモリそのもの。タモリが歌を歌っているところ自体見たことがないだけに、『みんなのうた』に登場していたと聞いて驚いた人が多数。1位となりました。

2位は「GACKT」!

2007年2月〜3月にかけて放送された『野に咲く花のように』。この曲が生まれたきっかけは、彼がDJを務めていたラジオ番組に寄せられた少年からの相談投稿。その少年とのやりとりの中で、GACKTは少年に「悩みを解決できたら卒業式へ歌を書き下ろして贈る」という約束をしました。その結果、生まれた曲が『野に咲く花のように』。後に多くのファンからの要望を叶える形で、シングルとして発売され、『みんなのうた』でも紹介されました。

3位は「嵐」

嵐が司会を務めた2010年NHK第61回NHK紅白歌合戦』のために制作された『ふるさと』。NHK全国学校音楽コンクールの課題曲になったこともあり、2番の歌詞を新たに書き下ろし、2013年4月〜5月にかけて放送されました。「ふるさとは場所だけでなく、心の中にあり、生きていく上での芯となる」という思いを込めて作られたこの作品。多くの子どもたちに聞いてもらいたいということで『みんなのうた』で取り上げられました。

このように、意外な芸能人が登場したことがある『みんなのうた』。気になる4位〜30位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どの芸能人が登場していたと知って驚きましたか?

(写真:MANTAN/アフロ)

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。

投票数合計:2,609票

調査期間:2016年7月23日〜2016年8月06日

https://ranking.goo.ne.jp/column/4589/

GACKTも!NHKみんなのうた」に登場していた驚きの芸能人ランキング

ナス

ケンミン見てたらナスそうめんなるものが……

光一さんてまだナス嫌いなのかな〜?

とふと思った ナスそうめん出したら何て言われるだろうか

ちなみにこの前ボクも梅田の行きつけの居酒屋で麻婆豆腐頼んだのに、麻婆ナス出された時、全力で拒否した

鮭おにぎり二つ頼んだときも鮭と梅と間違えてもって来られた

梅は好きやし値段同じやから食べたけどさ

麻婆ナスは参ったな〜

腹の中でガチで「ふざけんな!!」と思ってしまった

広告を非表示にする

9月1日に巨大小惑星「フローレンス」が地球に大接近。衝突もあり得る。

夏休みも終わりに近づいてきましたが、もう一つ近づいてきてるものがあります。

長さ4,5キロという巨大な小惑星が地球と月との距離の18倍のところを通過するという。

この接近は過去の例で最も接近だという。もし地球の重力圏で捉えられたら衝突もあり得る。そうなれば人類滅亡も夢ではない。現実となるだろう。

過去になかったのならいいが、過去にもあったことなので恐ろしい話だ。

詳しくはこちら。

鈍感力

集英社

渡辺淳一

鈍感力

内容はさほどおもたくない。

渡辺淳一氏のイメージで読むと、???と感じるかもしれません。

鈍感こそが、変化する環境に一番適応できる、と。

10年程前、渡辺淳一氏の講演を聴きに行ったことがあります。

終始、笑いの絶えない楽しいお話しでした。

整形外科医から見た世の中を、皮肉たっぷりに表現していました。

渡辺淳一氏の世界観は私にはちょっとわかりにくいですが、おもしろおかしく生きた方が徳なんだと、いっているように感じました。

鈍感は鈍感でなくどっしりと構えていなという意味らしいです。

あれこれ健康ブームに振り回されることもなくなるだろうし、なんちゃら詐欺にひっかからずにすむかもしれない。

信念があっての鈍感なのです。

何事にも見極める目が必要なのかもしれませんね。

広告を非表示にする

近所にもプリンとシフォンのお店ができた。

開店2、3時間で完売って早い

チ●コで泣いた!

兵器(の模型)を大量生産する「死の商人バンダイ氏が…

一年戦争(編の映像化)を行わないハズがないでしょ〜。

個人的にはオリジン版ザクレロの、1/144キット化に期待しております。

閑話休題

最近、TV版のAGEをレンタルで再鑑賞したのですが。

いやぁホント…普通に面白いガンダム作品なんですってば、コレが。

食わず嫌いで観てない人はホント、モッタイナイと思うんですよね〜。

最終回の一つ前、チン●頭の最期のシーンなんか…泣いちゃいました(笑)。

というわけで。

いっそ、AGEをリメイクしては如何でしょう?

脚本は、丁寧な心理描写や緻密な戦闘描写が絶妙の、小説版をベースにし。

キャラデザは、高河ゆん先生にお願いすれば。

相当な傑作に仕上がると思うんですよねぇ〜。

◆◆「富野監督は?」「ORIGINの続編じゃないの?」『ファーストガンダム』復活に疑問の声

(Business Journal - 08月16日 20:32)

広告を非表示にする